楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「コロッケの旅うた」和歌山編、12月11日放送開始 ネット番組で「わかやま12湯」PR

ものまねタレントとして知られるコロッケさんのインターネット番組「コロッケの旅うた−和歌山編」が12月11−26日の期間、チケットぴあの配信サービスで放送される。和歌山県内の人たちとの触れ合いを通して、和歌山県観光の魅力を伝える番組だ。

番組は、東京の制作会社アイプロックスや大手プレイガイドのぴあ、和歌山県、県観光連盟などが協力して、文化庁の補助を受けて制作。コロナ禍で「旅に行きたくても行けない」人たちに代わって、コロッケさんが本名の瀧川広志(たきがわ・ひろし)を名乗って素の自分をさらけ出しながら地元の案内人と一緒に美しい自然や地域の人たちとふれあいながらミニコンサートを行う「旅」と「歌」を合体させたユニークな番組。和歌山編は、昨年放送した石垣編に続く第2弾になる。

コロッケさん

得意?の変顔で「旅うた」を紹介

12月4日には南紀白浜温泉のHOTEL SEAMOREで歌のステージが行われ、わかやま12湯OKE委員会の若女将らも参加し、和歌山の温泉のPRを行う。

「コロッケの旅うた—和歌山編」の視聴チケットは1千円(税込)で、チケットぴあの配信サービスで申し込む。HOTEL SEAMOREでの歌のステージ観覧チケットは2200円(同)で、定員は50人。

番組に先駆けてコロッケさんは11月19日、和歌山県庁で仁坂吉伸知事を訪問。仁坂知事は「和歌山県といえばまず、蘇りの地である高野・熊野です。平安時代には後白河法皇は33回も訪れているほど、元気が出る場所です」と述べ、温泉や絶景、パンダ、猫の駅長など県内の魅力ある素材をアピール。「たび歌」に関連する話題として、人口1万人あたりのカラオケボックスの店舗数が最も多いのは和歌山県であると話「和歌山県民はカラオケ好き=歌好き」であることも伝えた。

コロッケさんは「コンサートで和歌山に来ますが、皆さんやさしく迎えてくださいます。旅うたは現在・過去・未来をテーマにしようと思っています。今、友人や家族、夫婦で和歌山に来たとします。その一緒に来たことで聞いた歌や話などが5年、10年と語り継がれる場所を紹介していきたい」と話し、旅うたへの思いを語った。

コロッケさん

仁坂知事と懇談するコロッケさん

続いて行われた記者会見では「エンターテインメントというと芸能関係と捉えられがちですが、場所や食、人、県民性を伝えることがエンターテインメントだと思っています。その意味で観光はエンターテインメントなので、エンタメの仕事をしてきた私はその“伝え人”として活動していきたい」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ