楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】関西エアポート株式会社 代表取締役CEO 山谷佳之 氏

新年おめでとうございます。

関西エアポートは本年、関西国際空港、大阪国際空港の運営を開始し7年目を迎え、神戸空港の運営においては5年目を迎えます。

昨年は、緊急事態宣言の解消以降、国内線需要においては回復傾向が見られました。国際線は引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、厳しい状況が継続する1年となりました。一方で、国内外においてワクチン接種が進み、有効な治療薬の実用化が進むなど、コロナウイルス感染症克服に向けての手当ても進んでいます。いずれ世界各国の感染状況が落ち着けば、国際交流の動きも活発化し、航空需要は力強く回復してくるものと確信しております。国際線の需要回復の時期を見通すことは不確定要素も多く、現状いまだ難しいことですが、今後の動きを注視しながら将来に向けた必要な投資を着実に実施し、安全・安心の確保はもとより、地域の経済成長の基盤となる社会インフラとしての責務をしっかり果たしてまいります。

そのようななかで、国や地元関係者をはじめ多くの方々よりご支援いただき、私どもの最重要プロジェクトである「T1リノベーション」を無事着工することができました。このことは、私どもにとってたいへん喜ばしいことで、関係の皆様に心より感謝申しあげます。今年の秋には本プロジェクトのフロントランナーとなる新しい国内線エリアを皆様にお披露目できる見通しでございます。快適で、かつ機能的な新国内線エリアにご期待ください。関係の皆様と引き続き連携し、内外のお客様にとって利便性の高い空港を目指し、2025年の「大阪・関西万博」の際には海外からのお客様をお迎えするファーストパビリオンの役割を担う準備を進めてまいります。

また、関西エアポートグループは、関西3空港において環境への負荷を低減するために様々な取り組みも積極的に行っております。空港は、地域および地球規模での環境問題について大きな責任を担っていると考え、環境負荷低減に向けた取り組みを推進し、周辺環境と共生した空港の発展をめざしてまいります。

私ども関西エアポートは安全・安心を最優先とし、お客様の期待に応えるよう、地域関係者の皆様と連携・協力し、関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港を運営してまいりますので引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます。年頭に際しまして皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ