楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海の京都に移住した若者たち 伝統産業を次代に紡ぐ―コウジュササキ・佐々木貴昭さん(1)/短期連載シリーズ

江戸時代に発祥した絹織物「丹後ちりめん」。京都府北部は今も着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地であり、和装文化を支えてきた。その300年の歴史と文化を継承、和装にとどまらず婦人向けのセーターなど洋装も製造するかたわら、「ちりめん街道を守り育てる会」や海の京都観光地域づくりマネジャーとして地域活性化の活動にも取り組んでいるのが、与謝野町に住む佐々木貴昭さん(52歳)だ。(観光交流アドバイザー・釼菱英明)

ふるさと「丹後ちりめんの郷」で挑戦

佐々木さんが暮らす与謝野町は2006年、与謝郡の加悦町・岩滝町・野田川町3町が合併した、丹後半島の南側に位置するまち。丹後ちりめんの産地として知られるものの、最盛期の昭和40年代と比べると生産量は何と3%まで減っている。

彼とは海の京都観光地域づくりマネジャー会議で14年に初めて出会った。観光業界とは無縁の織物業界から与謝野町の一員として参加したのは地域に役立ちたいという思いから。その後、幾度となく彼の会社を訪ね、織物業の衰退とその中で活動する姿に惹かれていた。

佐々木さんの実家はもともと丹後ちりめんを製造していた。岐阜県の全寮制高校に行くため実家を出て、大阪の大学を卒業しIT企業に就職。東京転勤による激務と自身の限界を感じ、子育てするなら田舎がいいとUターンを決意した。呉服問屋で数年経験を積み、36歳の時に出身地へと戻ってきた。

佐々木貴昭さん

佐々木貴昭さん
コウジュササキ株式会社

帰郷前に和装業界で経験を積んでも実際に仕事を始め、戸惑いも多かったようだ。丹後に今も残る680軒のうち7―8割は定期的な取引のできる問屋とお付き合いし、長年にわたる商習慣はあまり変わっていない。他業界ではインターネットによる消費者や百貨店などとの直接取引へと流通構造が主流になっても、自社名で製造し完成品として販売している会社は1割程度しかない。

その中にあって、彼の会社は父の時代に地場産業の丹後ちりめんから転換し、オリジナルのシルクのニット素材を用意し仕立て上がりまで自社で企画製造販売。婦人向けのセーター、カーディガン、スーツといった洋装から和装向けの帯も製造している。

(次の記事)海の京都に移住した若者たち 伝統産業を次代に紡ぐ―コウジュササキ・佐々木貴昭さん(2)/短期連載シリーズ

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ