楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「THE LAKE RESORT」誕生 信州白樺湖畔・池の平ホテル(2) 地域の“ハブ”に

オープン式典で矢島社長が決意

池の平ホテル&リゾーツでは4月18日、オープニングセレモニーを実施。茅野市や立科町の首長や自治体関係者をはじめ観光事業者、メディアなど約400人が出席した。

セレモニーで矢島社長は「自然との調和を大切にしたレイクリゾートという概念を発信し、その先駆けとなりたい。1人でも多く、少しでも長く何度でも滞在したくなるリゾートをつくっていきたい」と新本館オープンに伴い決意を述べた。

また現在、茅野市と立科町で進める蓼科湖、白樺湖、女神湖と周辺地域を一つの観光地として発信する「レイクリゾート構想」に関して「池の平ホテルは、両市町を行き来する観光客にとってハブ的な機能を持った拠点施設になれるよう努力したい」と語った。

セレモニーの開演前には長野県岡谷市の創作和太鼓のプロ集団「御諏訪太鼓」による組太鼓演奏が披露された。このあと新本館オープンにあわせて池の平ホテルの従業員や地域住民で結成された「白樺どんど湖隊」も演奏を初披露。矢島社長も太鼓を叩いてセレモニーを盛り上げた。

池の平ホテル

セレモニーで白樺どんど湖隊が太鼓を披露。
矢島社長も自らバチを握った(前列左)

(前の記事)「THE LAKE RESORT」誕生 信州白樺湖畔・池の平ホテル(1) 新本館が4月22日オープン

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ