楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】日本観光振興協会 全国産業観光推進協議会会長 須田寛 氏

新年あけましておめでとうございます。

年頭にあたり皆様方の益々のご発展、ご健勝を祈念申しあげます。

“観光ブーム”で本紙をはじめ観光関係の記事「真っ盛り」といった感が強いのが昨今です。

しかし「観光」の定義は決定的なものがなく、極論するならば人によって異なるといってもよいほどです。一般に「観光」という場合、何か居住まいを正して観光対象に向かい合う、いわば“ヨソユキ”の「観光」を意味する場合が多いですが、普通、観光の定義は「ある地域の普遍的なもの、美しいもの、乃至は特色を、心を込めて味わうこと」とされます。それにふさわしい自然な「観光」、すなわち日常生活の中で自然に体験する行動と私は理解しています。つまり、普段着の「観光」の体験であると思います。それが、観光対象の美しさや特色を最もよく理解できると考えるからです。そういった条件の下で、観光する心の準備に心がけたいのですが、それが実際問題、なかなか難しく、つい中途半端な気分で対象に接してしまうことが往々にしてあります。

観光を効果的なものにするためには、「観光する心」の準備という前提が整って初めて、観光の効果が得られます。筆者も「観光」に長く関係してきましたが、このような“観光する心”を持って、観光対象に接したとは言えないと、いつも反省しきりの状態です。

観光ブームの年頭にあたり、このような観光対象に接する心の準備を整えることから、今年こそ真の観光をはじめたいと考えています。そして、年末には今年一年の「観光」について、自分の思いを整理して、観光の今後に備えたいと考えています。観光があまりにも普及したため、このような心の準備がなおざりになった反省をもとに、今年の観光は心に残る観光とすべく観光行動を進めたいと思います。

ささやかでも観光が自分の心に残してくれたものを整理することで、今年が私にとって真の観光元年になると確信しています。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ