楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会 会長 井上善博 氏

2024年の新春を迎え、謹んで新年のごあいさつを申しあげます。

昨年は、宿泊業界にとって本当に長かった苦難のトンネルを抜け出し、観光業界全体で「観光立国・日本」の実現に向けて再び歩みを始める年となりました。コロナ禍の間、我々を支えてくださった政治、行政をはじめとする関係者の皆様にはこの場をお借りし、改めて感謝申しあげます。

さて、私は全旅連会長に就任以来、「宿泊産業を我が国の基幹産業に」、そして「宿を核とした地方創生の実現を」ということを繰り返し申しあげてきました。これらは我々宿泊業界が果たさなければいけない社会的責任です。そのためにも2024年は業界をあげて構造改革に取り組むとともに人手不足、金融問題などの目の前の課題を一つ一つ解決していく所存です。

具体的には

▽宿泊業界は、生産性・収益力の向上を図り、「持続可能な稼げる産業」へと変革を進めていく必要があります。観光庁が創設した「宿泊業の高付加価値化のための経営ガイドライン・登録制度」について、その登録を業界として推進してまいります。

▽我が国の地域を「持続可能な地域」にしていくためには、宿泊施設をはじめとする関係者が一体となって地域の高付加価値化を図る必要があります。観光庁の高付加価値化事業も最大限活用しつつ、宿泊業界がリーダーとなって取り組みを推進してまいります。

▽人手不足問題に対しては外国人労働者の受入が必要不可欠です。観光庁とも連携しつつ、特定技能、技能実習の試験事務を担う宿泊業技能試験センターの取り組みを支援してまいります。

▽新型コロナ禍で経営にダメージを受けた宿泊施設の資金繰りについては、政府、金融機関によるきめの細かい支援が必要不可欠です。業界団体として、個々の施設の事情の把握に努めてまいります。

こうした個別課題の解決に取り組む一方、業界全体の地位向上を図る取組も推進していかなければなりません。宿文化の中核をなす温泉は、古代より日本に暮らす人々の心身を癒してきたものとして、世界中の人々から愛されています。その温泉文化の価値を国内外に広め、観光資源・文化資源としての魅力を高めていくため、今、「温泉文化」のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取り組みが進められていますが、宿泊業界としてもその取り組みに全面的に協力してまいります。

また、政・官・民が一丸となって「観光立国・日本」の実現に向けた取り組みを推進していくためには、我が宿泊業界から何としても国会議員を誕生させ、また、観光庁を観光「省」に発展させることが必要不可欠です。今年はそうした機運も高めていけたらと考えております。

私は宿泊業界には明るい未来が待っていると信じて疑いません。その明るい未来を掴み取るためには、「一日一日、一つ一つの宿が、お客様を最高のおもてなしでお迎えし、世界に唯一の宿文化を存分に体験いただき、宿泊した宿を愛し、そしてその地域を愛してもらう」、その積み重ねしかありません。今年一年頑張ってまいりましょう。

最後に、本年が皆様にとりまして良き年になり、今後ますます皆様が成長発展いたしますことを祈念いたしまして、2024年の新年を迎えるにあたってのあいさつとさせていただきます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ