楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

GWは「自宅でゆっくり」6割、「国内旅行」3割も…3回目の緊急事態宣言で外出控え進むか エアトリが調査

エアトリが4月21日に発表した今年のゴールデンウイーク(GW)の過ごし方に関する調査結果によると、「自宅でゆっくり休む」が前年から大幅増の約6割だったが、国内旅行も約3割で、1回目の緊急事態宣言真っただ中だった前年より増加した。調査は4月上旬に行われたもので、大阪府をはじめとする関西圏や東京都で3回目の緊急事態宣言発出が見込まれる現状より前のもの。今年のGWの動向はさらに厳しいものになると予想され、観光業界への打撃が懸念される。

就業中の人がGWに有休を取る予定は「ない」が62・9%と消極的。GWの連休は暦通りの5連休が33・7%でトップで、7連休は16・8%だった。

GWの過ごし方は1位が「自宅でゆっくり休む」の57・5%。前年から22・2ポイント増加し、感染拡大の状況などから予定をたてずらいこともあり、再度の「ステイホーム」を考えている人が多いようだ。

一方、2位は29・8%で「国内旅行」に。前年より14・1ポイント増え、3位の「買い物」22・1%も前年より増加と、外出を予定する人が多いようだ。ただ、前述のように調査は大阪府や東京都での3回目の緊急事態宣言が取りざたされる前。外出を控える人の増加が予測され、旅行需要の低迷が心配されるところだ。

エアトリ調査

調査は4月6―9日、20代以上の男女1909人を対象にインターネットで行った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ