楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

GWは6割弱が「自宅でゆっくり」、国内旅行は3割 エアトリが調査

エアトリが発表した「ゴールデンウイーク(GW)の過ごし方」に関する調査結果によると、今年のGWの予定は「自宅でゆっくり休む」が3年連続で最多。「国内旅行」は2位となり、いまだ続くコロナ禍の影響を感じさせる結果になった。県民割・ブロック割については半数が知っていたが、GWは利用できないことに加え制度内容がわかりにくいという声が挙がった。

就業中の人がGWに有休を取る予定は「ある」が26・5%にとどまり、「ない」が62・0%、7割超がカレンダー通りの休日で、最大の連休は「3連休」が最多の34・9%。有休を加えて「10連休」とするのは2位の13・9%だった。

GWの予定は「自宅でゆっくり休む」が58・6%。国内旅行は2位の31・5%で昨年から1・7ポイント増の微増にとどまった。3位は外食の22・0%だった。「そろそろ行動範囲を広げたい」「海外旅行の準備もしていきたい」と旅行に前向きな声も。

エアトリGW調査

旅を予定する人が「県民割・ブロック割」などの制度を知っているかについては、「知っている」が50・9%、「知らない」は20・2%。
「発表が遅すぎるし、利用できる期間も短く、使いたくても利用できない」「とにかくわかりにくいので、めんどくさくなっている。Go Toの方がわかりやすかった」など制度の不備を指摘する声が多かったようだ。

調査は4月16―19日にインターネットで実施。20 代以上の男女 1190人が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ