楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館にも訪日客増の恩恵 従業員10人以上の宿泊施設タイプ別客室稼働率

観光庁の「宿泊旅行統計調査」は、この欄で何回も引用してきた。そして、ほとんどの場合に調査対象宿泊施設(全国約5万件)の全体数値をとりあげてきた。ちなみに昨年2017年調査の施設数の構成比を従業者規模別にみると、0―9人が76%と圧倒的に多く、以下10―29人が14%、30―99人が8%、100人以上が2%となっている。

一方、施設タイプ別の延べ宿泊者数をみると、従業者10人以上の施設の占める割合が「シティホテル」99%、「ビジネスホテル」88%、「リゾートホテル」96%、「旅館」79%となっており、旅館以外の3タイプは、利用者のほとんどを従業者10人以上の施設が占めている。施設数では76%を占める従業者0―9人の施設は、延べ宿泊者数では15%を占めるにとどまっている。

このような利用実態をみると、利用動向の宿泊施設タイプ別分析は、全体よりも、従業者10人以上の施設を対象に行うほうが適切と考え、今回は宿泊施設5タイプ別の客室稼働率について「従業者10人以上の施設」を対象とした推移をグラフ化した…

(佐藤陸雄=観光研究者)

(トラベルニュースat 2018年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ