楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本人の渡航先トップ20 中韓二強、欧米は減少

現時点におけるJNTO発表の出国日本人数の訪問先最新データは2016年のものである。その上位20カ国・地域について、21世紀最初の01年から3年ごとの数値を表にしてみた。

最下欄の出国日本人総数はすべて1600―1700万人台で、訪日外国人の激増とは対照的に、ほぼ横ばいである。

1位中国、2位韓国の順位はずっと変わらないが、それぞれ日本との関係に問題が起きることがあり、両国とも最近は減少傾向にある。

増加が目立つ国・地域はベトナム程度で、01年比では、16年が3.6倍となるが、07年比では1.8倍にとどまる。出国総数にほとんど変化がないため訪問先の順位にも大きな変化はみられないが、11位以下に集中している欧米豪諸国の16年の数値を01年と比較すると、米国、ドイツ、オーストラリア、フランス、イタリア、カナダ、英国と、スペインを除く7カ国すべてが激減している。01年に日本人の52万人が訪問していたスイスも16年は20万人にも満たなかった…

(佐藤陸雄=観光研究者)

(トラベルニュースat 2018年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ