楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ報道を疑う 医療体制の強化こそ必要

※記事は4月22日現在。

首都圏1都3県に発令されていた緊急事態宣言が先月16日に解除されたのも束の間、その後わずか3週間で東京都、京都府、沖縄県に対して「まん延防止等重点措置(以下、まん防措置)」が適用されることが決まりました。しかも、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県の4県にも今月20日からまん防措置が適用され、現在は10都府県内で陽性判明者が再拡大している市町が対象となっています。

期間中(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県が4月12日から5月11日、京都府、沖縄県、宮城県、大阪府、兵庫県は5月5日まで)の対象地域内では大型連休中の集客が見込めなくなったことで、これまで何とか生き延びてきた事業者も感染拡大地域との往来自粛により、さらに苦しい経営状況へと追い詰められることになります。今後、まん防措置の期限となっている5月初旬までに陽性判明者数が減少に転じれば良いのですが、現在の状況が長引くことになれば、東京オリンピック・パラリンピックの中止も現実問題となりそうです。

ところで、多くのメディアはワクチン接種の遅れが新規陽性判明者を増やし、変異株による感染で死者が激増していると解説していますが、それは本当なのでしょうか?

確かに世界一のワクチン接種率(2回目の接種済みの国民比率)51%を誇るイスラエルは、新規感染者数が最悪時の990人/日(人口100万人当たり=以下の数値も同様)からワクチン接種キャンペーン効果により3月末には96人/日と約10分の1まで減少し、屋外マスクの不要を宣言するまでになりました。

しかし、先進国中ワクチン接種が最も遅れている日本の3月末の新規感染者数は11人/日とイスラエルの約9分の1です。しかも、死者数(一週間の移動平均値)は2月3日をピークに減少傾向が続いています…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2021年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ