楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オリパラ-近未来の祭典は様変わり?

東京オリパラ間近。将来3度目の夏期オリパラが日本に戻ってくるとして、そのころの競技はどう変化しているでしょう。ヒントを4つ。

1つめはeスポーツ。現段階では「単なるテレビゲーム。スポーツじゃない」と反対する人もいますが、すでに集客力も抜群。勝負をするのは画面上のキャラですが、プレイヤーの体力や反射神経、戦略性が重要視される点で言えば、モータースポーツや馬術、ボブスレーなどと本質は同じだと考える人もいます。eスポーツは遅かれ早かれ浸透するはずです。

2つめはLGBTの波。性別のはっきりしない選手がマラソンで上位を独占したり、ハンドボールの男子選手が女性に性転換して出場したりする事態が起こっている中、今後は男女で競技種目を分けることが合理的でなくなるかもしれません。女子だけの種目や芸術点の基準が差別的と判断される可能性もあります。人権意識は時代に応じて変化するもの。遅かれ早かれスポーツの世界にも大きな変化が訪れます。

3つ目は肉体改造。今でも車椅子や義足の進化で障がい者の記録が健常者の記録を上回っている競技があります。フィクションの世界では勝負に勝つためにわざと四肢を切り落とす主人公もいますが、そんなマッドアスリートが現実に登場したらスポーツ界は彼をどう扱うのでしょうか…

(永山久徳=ホテルリゾート下電代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ