楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

施設協会でいきなりの大役

社団法人国際観光施設協会(以下「施設協会」)に入会したのは1991年春ごろ。常務理事の友田仁さんに連れられた私を待っていたのが、副会長の柴田陽三さん(観光企画設計社社長)、加藤寛二さん(翼建築設計事務所社長)という、お二人とも後に会長になられたホテル、旅館設計の大御所でした。

その場で、運輸省から要求された「外国人観光客のための宿泊施設に関する調査研究」の報告書を91年度中にまとめねばならない、それをお願いする、執筆者は会員に限定されるので、佐藤さんに会員になってもらった、また別件として、協会の機関誌「観光施設」の編集をお願いしたい、というお話をいただきました。

そして協会の11委員会のうち、5つの委員会に入れられました。とにかくがんばるしかありません。

外国人観光客のための宿泊施設整備のあり方を、ハード面、ソフト面で調査、提言した報告書は、215ページにのぼりました。

協会内外10人の専門委員会、協会内の外客施設調査特別委員会ホテル部会・旅館部会17人が参加して、国内ホテル旅館の実態調査、都内主要シティホテルの総支配人十数人の意見を聞く懇談会、欧州5カ国の格付け基準調査等々に基づいて、ホテル、旅館の望ましいあり方と基準案を92年3月に間に合わせて一冊にまとめたのです。この報告書は、後の国際観光ホテル整備法の改定資料として活用されました…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2022年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ