楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

女性添乗員と女将の共通点

実は欧州観光余暇行政調査団は、ギリシャを公式訪問先の一つに入れた第14回を最後にしようと決めていたのだが、参加者(23人)から「こんな楽しい研修をやめるのはよくない」との声が多く、その声に乗せられ翌95年秋も実施することにした。今回の好評の一つは、添乗員に負うところ大。今回初めて女性添乗員となり不安感を抱いていたところ、結果的に全員が感心し、サヨナラパーティーでは感謝の声も多く出た。20代半ばの彼女に感心させられたのは以下の5点。

(1)2週間も一緒に旅行していると、気安くなって親しげな言葉づかいになっても不思議はないが、成田での結団式の時から帰国して別れるまで一貫して丁寧な言葉を変えない。

(2)笑顔を絶やさない。早朝の出発でも全員に笑顔で挨拶する。作り笑いではない。

(3)我々24人全員につねに目と気を配り、オプションにも必ず同行し、自由行動時は人数の多いグループに同行する。

(4)時には毅然とした態度をとる。集合時間に遅れているメンバーには客室に電話して、凛とした声で「もう皆様おそろいです」と言う。

(5)いつも姿勢を正しくしている。新しいホテルに着くとチェックイン手続きを終えてロビーでルームキーを全員に渡した後、「私はここに20分間おりますので、何かあったら、おいでください」と言い、その後20分間ロビーで座っているのだが、つねに姿勢を正しくし、椅子の背に寄りかかったりしない…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2023年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ