楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toトラベル バラマキ型は通用せず

新型コロナウイルス(以下、COVID=コビット=19)の猛威は、日本の国内総生産(GDP)を27・8%(17日政府発表の4−6月期速報値。物価変動を除いた実質で前期7・8%減からの年率換算)も減少させてしまいました。

これはリーマン・ショック後の2009年1−3月期の年率17・8%減よりもさらにひどく、戦後最悪のマイナス成長です。緊急事態宣言による全国的な自粛の影響で個人消費が大きく落ち込み、世界的な感染拡大が止まらず輸出も減少した結果、日本の内外需は総崩れ状態となりました。このままでは7−9月のGDPはさらに悪化しそうです。

特に内需の中でも民間最終消費支出(個人消費)が落ち込んだ影響は旅行・観光業界に大打撃を与え、その復活をかけて政府が打ち出した「GoToトラベル」は運用される前からトラブル続きでした。開始後も各地から移動と入域に対する自粛要請もあり、その成果は想定を大きく下回っています。

「20年8月のお盆休み&夏休みの過ごし方について」の調査(株式会社ネクストレベル18−49歳の男女436名)では「普段通りの生活をする人」が70%に対して、「旅行やレジャーを楽しむ人」は8%でした。GoToトラベルの利用については、「しない」が83%、「利用する」はたった4%です。

実際、お盆休み最後の土日となった15、16日の主要観光地の人出は、前年8月の休日平均に比べて約2−4割も減少しました(KDDIのGPS調査)。新型コロナウイルスの感染再拡大もあり、帰省や旅行を控える動きを如実に反映した結果となっています…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ