楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「江東区水運フリーパス」 亀戸、深川、臨海の3地区を4つのコースで楽しむ

東京都の江東区水運観光MaaSプロジェクトチームは11月12日、江東区の亀戸、深川、臨海の三つのエリアをつなぐ「江東区水運フリーパス」の販売を始めた。料金は1人2千円。12月4日までの週末(11月19、26、27日を除く)に運航を予定している。区内に張り巡らすかつての小用水路を観光アクティビティ、交通手段として有効活用が期待される。

水運を楽しむ乗客

水運を楽しむ乗客

フリーパスは、Klookで販売中

フリーパスの販売は、令和4年度観光庁「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」の一環として実施。事業主体は東京都屋形船組合で、試験運航の全体運営は名鉄観光サービス新宿支店、パスの販売はKlookが担っている。同事業では江東区、江東区観光協会などが支援している。

4つのコースが楽しめる「江東区水運フリーパス」

フリーパスでは、江東区内を楽しめるよう(1)越中島から番所橋を結ぶ“周遊コース”(2)オリンピック東京2020大会で使用した競技場が船上から見られる“臨海地区コース”(3)巨大閘門(こうもん)「荒川ロックゲート」をくぐり抜け、昭和の日本が残る亀戸を結ぶ“亀戸コース”(4)月島もんじゃストリートや下町情緒あふれる門前仲町、富岡八幡宮の散策にぴったり“深川コース”―の4コースを用意している。

乗船は、Klookフリーパス購入後、交通チケットを乗船時に掲示することで可能に。乗船地点で交通チケットを開いた際のGPSデータ(場所、時間、属性)は、事業の調査項目として活用される。

名鉄観光サービス新宿支店の三好満夫課長は「事前申し込み以外に、当日に関心を持ち乗船した人もいる。コースのストーリーや時間・ルート設定の見直しなど課題はあるが、東京一の水運観光資源を持つ江東区への国内外からの誘客、地域振興につなげたい」と話す。参加者からは「もっといろんな水路を楽しんでみたい」「区内での再発見につながった」などの声が上がった。

江東区で展開される同事業では、フリーパスの販売以外にJRの駅を活用した街歩き、障害者にも対応するユニバーサルツーリズムの検証や動画配信、セミナーなどが行われている。

イメージ

江東区水運(イメージ)

 

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ