楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

湯の恵みに感謝を 下呂温泉神社で秋の例祭/岐阜

17/10/31

岐阜県下呂市の下呂温泉で10月8日、湯の恵みに感謝を奉げる下呂温泉神社(瀧多賀男・氏子総代)の秋の例祭が開かれた。

JR下呂駅から、温泉街にある旅館会館1階に設けられた下呂温泉神社までの約500メートルを参進行列。林羅山や万里集九ら下呂温泉を世に知らしめた功労者の装束に身を包んだ観光関係者ら100人が温泉街を練り歩いた。

神事のあと、例祭に招かれた揖斐川町の岐阜県重要無形民俗文化財の谷汲踊(たにぐみおどり)保存会、高山市の飛騨一宮水無神社・闘鶏楽のメンバーらが、旅館会館前にある白鷺橋で美しい舞を披露した。

谷汲踊

谷汲踊の華やかな舞を披露

白鷺橋に設けたやぐらの上から紅白の餅を巻く千子(せんご)まきも行われた。餅には宿泊券などのプレゼントが入っており、訪れていた観光客を楽しませた。

このあと開かれた直会(なおらい)で瀧氏子総代は「例祭も皆さまのおかげをもって、今年で29年。来年で30周年を迎えるが、皆さんのご協力をお願いしたい」と来年節目の年を迎える例祭についても触れ、理解と支援を依頼した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ