楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大河や世界遺産-九州は話題豊富(1) 九州観光推進機構、大阪で説明会開き送客アピール

18/06/07

九州観光推進機構は5月9日、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で観光情報説明会を開いた。九州各県から92人の観光関係者が出席し、旅行会社26社の担当者110人に、九州各県の現況と2018年度下期のイベント情報やトピックスなどを紹介した。

九州では、昨年の宿泊人員が4487万人、インバウンドだけでも494万人でいずれも過去最高となった。一昨年の熊本地震、昨年の九州北部豪雨被害と大きな自然災害が2年続いたが、宿泊人員は全体として増加し回復基調にあることが示された。

いま九州で大きな話題は、今夏の世界文化遺産登録が確実視されている長崎県と熊本県の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。九州にとっては、17年7月に登録された福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に続き2年連続となる。

説明会で同機構国内誘致推進部の田上武史部長は「現在、鹿児島県はテレビドラマ『西郷どん』の舞台として注目され、大分県では『六郷満山開山1300年祭』、佐賀県では『肥前さが幕末維新博覧会』が開催中です。ぜひ九州へご送客ください」と、豊富な話題を背景に旅行会社へ積極的な送客を呼びかけた。

九州観光推進機構観光情報説明会

商談会では各県のブースで旅行会社と熱心に情報交換

(次の記事)大河や世界遺産-九州は話題豊富(2) 8県の旬の素材生かし好調持続へ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ