楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

醤油発祥地の魅力をアピール 湯浅町、東京と大阪でセミナー/和歌山

18/12/10

昨年4月に「『最初の一滴』醤油の発祥の地 紀州湯浅」として日本遺産に認定された和歌山県湯浅町が1月16日、東京都千代田区のよみうり大手町小ホールで「ゆあさ地方創生観光まちづくりセミナー」を開く。旅行会社に参加を呼びかけている。

同セミナーでは、湯浅町の魅力創出の経緯や湯浅町ならではの「おもてなし力」について、最新のインバウンド事情を交えて、旅行会社に紹介する。

第1部ではやまとごころの村山慶輔社長が「インバウンド政策、政策のカギとは」をテーマに講演する。第2部では村山社長に、和歌山大学の足立基浩副学長と湯浅町の上山章善町長が加わり「『醤油ロード』を世界に発信 ゆあさの可能性」と題してトークセッションを実施。コーディネーターは、フリーアナウンサーの川田裕美さんが務める。

開催時間は14時30分から16時30分まで。

12月18日には、大阪市北区のグランフロント大阪北館のナレッジシアターでも「美味しい日本遺産まるごと体験シンポジウム」と題してセミナーが開かれる。第1部は東京と同じで、第2部は「美味しい日本遺産を旅してみよう」をテーマにパネルディスカッションを行う。時間は10時30分から12時30分。

東京・大阪とも申し込みは参加者の住所、社名、部署名、氏名、年齢、電話番号、参加希望人数を明記し、郵送またはファクスで受け付ける。送付先は、〒539―0027 読売新聞大阪本社広告局「ゆあさPRセミナー」係。ファクス番号は06―6366―2333。締切は東京が12月28日、大阪が12月10日となっている。

問い合わせは電話06―6364―9005。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ