楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8月30日は有吉佐和子の命日 21年春、和歌山市に住居復元

19/08/30

8月30日は作家、有吉佐和子の命日。1884年8月30日、53歳で亡くなった。

和歌山市出身で「紀ノ川」「有田川」「花岡青洲の妻」など、和歌山を舞台にした小説を幾つか書いている。

和歌山市では、有吉佐和子が住んでいた東京・杉並の家屋の一部を、南海・和歌山市駅前に移設・復元し、まち歩きの拠点として活用することにしている。オープンは2021年春の予定。

認知症をテーマにした「恍惚の人」、環境問題をテーマにした「複合汚染」などのベストセラー小説は、タイトルが流行語にもなった。

御蔵島(東京)や黒島(鹿児島県)舞台の小説も

複合汚染は、難しい問題をエンターテイメントとして読ませるところがすごくて、それは有吉佐和子の他の作品を読むにつけ、「作品がすごい」から、「女はすごい」という感想に変わり、以降、山崎豊子や石牟礼道子で再認識し、国際社会でも私生活でも「女はすごい」に、よく遭遇している。

有吉はニューギニアも含めて島を舞台の小説や探訪記を書いている。

東京の御蔵島が舞台の「海暗」や、鹿児島県の黒島が舞台の「私は忘れない」は好きで複数回読んだ。

まだ、どちらの島にも行ったことがない。行くなら、もう1度読み直してからにしよう。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ