楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日光で「世界遺産サミット」開催 11月21−22日に/栃木

19/10/21

栃木県日光市で11月21−22日、「世界遺産サミット」が開かれる。日本全国の世界遺産がある地域の首長らが一堂に会し、世界遺産の保全と活用を考える。

同サミットは2014年から始まり、今回で6回目。第1回の京都市から毎年、世界遺産所在自治体を会場に持ち回りで開いている。今回は「日光の社寺」が世界遺産登録から20周年を迎えたことを記念し、日光市で開く。

サミット会議は22日に道の駅日光「日光街道ニコニコ本陣」で開催。「世界遺産の保存活用と地域連携」をテーマに、地元の日光明峰高等学校による事例発表や、小西美術工藝社会長のデービット・アトキンソンさんによる基調講演、首長会議などを開き、サミット宣言を採択する。

前日の21日は3会場での分科会。日光二荒山神社客殿では「世界遺産の保存・継承−木造建築物を受け継ぐための伝統技術」、日光東照宮客殿では「東日本における世界遺産連携」、日光輪王寺紫雲閣では「新たな“旅”や“観光”と地域づくり」について、それぞれ学びを深める。

サミット会議の観覧は、入場無料。事前にファクスか往復ハガキで申し込む。郵便番号、住所、参加者全員の氏名、年齢、学生は学校名と学年、電話番号、「世界遺産サミット観覧希望」と明記する。ハガキは〒321-1292 日光市役所内 日光市世界遺産サミット実行委員会事務局へ、ファクスは0288-21-5121へ。

定員は100人。応募者多数の場合は抽選となる。締め切りは10月31日。分科会は自由に観覧できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ