楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

箱根ロープウェイが全線で運転再開 噴火警報レベル引き下げで

19/10/31

箱根ロープウェイ(神奈川県小田原市)は10月26日から、早雲山-大涌谷-桃源台の全線で運転を再開した。これで箱根湯本から代行バス、箱根登山ケーブルカー、芦ノ湖遊覧船、路線バスを乗り継ぎ、箱根を周回する観光ルートが確保されることになった。

今年5月19日に、気象庁が箱根山の噴火警報レベルを「活火山であることに留意」のレベル1から、レベル2の「火口周辺警報」に引き上げたのに伴い、大涌谷周辺への立ち入りが規制され、箱根ロープウェイは約4カ月間全線で運転を中止。9月21日から警戒区域外の姥子-桃源台(芦ノ湖畔)で運転を再開していた。

その後、気象庁が10月7日、箱根山の噴火警戒レベルを約5カ月ぶりに1に引き下げたことで、大涌谷周辺の安全確認作業が続けられていた。確認作業は台風19号による記録的な大雨や被災の影響で遅れていたが、24日、大涌谷への立ち入り規制の一部が見直され、ロープウェイの運行が可能になった。

ただ、大涌谷では駅舎の外に出ることはできない。また、火山性ガスの影響があり、箱根ロープウェイでは、呼吸器疾患や心臓疾患、アレルギー性ぜん息の人は乗車できないことや、乳幼児や高齢者の利用についても注意を呼び掛けている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ