楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アドベンチャーワールド、動物6種と和歌山の「動物愛護イベント」に出展

19/11/14

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は11月17日、和歌山県獣医師会主催の「動物愛護フェスティバルinかみとんだ」に、 6種類の動物たちとともに参加する。 動物とのふれあいや体験コーナーを通じて、動物への理解を促す。

イメージ

アドベンチャーワールド出展内容

ふれあいイメージ

(1)6種類の動物とのふれあい
動物たちとのふれあいや記念撮影を楽しめる。
参加動物:ミニチュアホース・ヤギ・ウサギ・モルモット・ケープペンギン・ハリスホーク
※動物の体調や天候により中止または、 内容を変更する場合がある。

(2)どうぶつウンチねんど体験コーナー
パークで販売している「どうぶつウンチねんど」を体験。
どうぶつウンチねんどは、 コーンスターチと野菜パウダーからできた安全な自然素材のねんどだ。
動物について学びながら、 ねんど体験をしてもらう。

(3)愛護宣言コーナー
アドベンチャーワールドオリジナル缶バッチに「私たちができる愛護宣言」を書いてもらい、持ち帰ってもらう。

「動物愛護フェスティバルinかみとんだ」について

動物愛護フェスティバルとは動物愛護思想の普及・啓発活動の一環として活動しているもので、 動物の愛護と適正な飼養管理についての理解と認識を深めることを目的としている。
■日  時:2019年11月17日(日)
午後0時30分~午後4時00分(動物たちの休憩時間なども含む)
■場  所:上富田文化会館
(主 催:和歌山県、 公益社団法人和歌山県獣医師会)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ