楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光って、密なので 紙面から選ぶ2022年観光番付(4) バカげた戦争と扇動報道

明るい話題も暗い話題も記憶に残そう

 9月23日に開業した西九州新幹線。短い路線だけど、佐賀県と長崎県にスポットライトが当たった明るい話題。

 九州をはじめ大阪初の長距離フェリーに新造船の就航が相次いだことや、いよいよ万博までカウントダウンが始まり京都や大阪ではホテルの新規開業ラッシュ。新今宮の星野リゾート進出はインパクトがあった。

 一方で、業界にとってうれしくないニュースもちゃんと記憶に残しておきたい。ロシアのウクライナ侵略による結果としての食料や燃料の不足・高騰による生活全般、観光産業への影響は半端ないと思う。こんなバカげた戦争は一刻も早くやめてもらいたい。

 今年は、知床の観光船の大惨事、ツアーバスの事故もあった。特に前者は、全国の遊覧船事業にも風評被害をもたらした。あってはならない事故だが、世間を扇動することに注力するような報道のあり方は毎度どうかと思う。

 本紙では今年、お寺の話題が多かった。

 ほんと、積極的に動いているお寺が多く不思議とご縁を得た。世情が不透明な今、駆け込み寺じゃないけれど、勝尾寺や興福寺の方々が意欲的でお話を聞くと元気がもらえた。

 リアルと言えば居酒屋とらべる。持ち寄りで不定期開店だけど、業界内外を問わずユニークな人が集まって毎回毎回楽しかった。来年も引き続き開店しますので、皆様のご来店をお待ちしております。

(トラベルニュースat 2022年12月10日号)

(前の記事)観光って、密なので 紙面から選ぶ2022年観光番付(3) 存在感増す全旅、全旅連青年部

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ