楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

機内食を味わい交流 中国国際航空、羽田空港でイベント

19/12/13

中国国際航空は11月29日、ビジネスクラスの機内食を味わいながら同社のスタッフらと交流する利用者感謝イベント「エアチャイナ・フェスタ」を羽田空港内で開催した。

同社の公式サイトで航空券を購入した人やマイレージサービス「フェニックスマイル」会員の中から42名が参加。客室乗務員の機内アナウンスからイベントがスタートし、同社が1974年に中国民航として初めて日本就航したこと、最新機材、就航路線などの紹介があった後、機内食が提供された。

提供されたのは、実際に羽田発の便で出される機内食でアペタイザー(前菜)、主菜、デザートに至るまで、普段は空の上で食べる料理を地上で味わいながら、同社の客室乗務員や空港スタッフらとの歓談を楽しんでいた。機内食を手掛けるTFKケータリング料理羽田料理部長による地上と機内での味付けの違いなどの説明もあった。

中国国際航空

和食のアペタイザー

その後、同社にまつわるクイズや中国式じゃんけんの大会が行われ、当たった参加者に飛行機のモデルプレーンやマスコットキャラクターなどをプレゼント。さらに、空港スタッフが着用する制服を着ての記念撮影もあった。

中国国際航空

盛り上がった「中国式じゃんけん」大会

イベントは今回3回目で、日中就航45周年に合わせての実施。11月23日には関西空港でも行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ