楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

冬の淡路島は「三年とらふぐ」 淡路島観光連盟が誘客/兵庫

20/01/08

「淡路島三年とらふぐと水仙まつりキャンペーン」懇談会が12月5日、神戸市東灘区の神戸ベイシェラトンホテル&タワーズで開かれ、関西のメディアと地元関係者ら約130人が出席した。

キャンペーンは、淡路島観光連盟(木下学会長)が主催。三年とらふぐは島南部の福良港沖で養殖している。通常は2年で出荷される養殖フグを、鳴門海峡を目前にした潮の流れの速い海で1・2キロ以上になるまでじっくり育てている。最近では知名度も上がり、冬の淡路島の味覚としてブランド化し始めている。

また冬の淡路島は、水仙が見ごろを迎える。この冬は、全国ブランドの淡路島玉ねぎをはじめ、レタスや白菜など島でとれた野菜を「島サラダ」として島内20店舗で売り出すフェアも開催。冬の話題づくり、誘客に積極的に取り組んでいる。

木下会長は「冬は淡路島への来客数が落ちるシーズンですが、ほかの季節と異なり宿泊客の割合が増えます。それは三年とらふぐ、水仙、温泉の力が要因になっています」と話し、淡路島への宿泊をアピールした。

淡路島三年とらふぐと水仙まつりキャンペーン

宿泊での淡路島来訪をPRする木下会長

懇談会では三年とらふぐのほか、天皇陛下即位の大嘗祭にも使われた淡路島産の献上鯛、島サラダなど冬の味覚を振る舞った。

三年とらふぐ

三年とらふぐのてっさ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ