楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アドベンチャーワールド、1月8日にキングペンギンの赤ちゃん誕生

20/01/15

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は1月14日、1月8日にキングペンギンの赤ちゃんが誕生したと発表した。 同園では、親鳥の重みで赤ちゃんが潰されないよう保育器で体重が卵と同じ重さ(約300g)になるまで人の手で育て、 体力をつけてから親鳥の元へ返す「初期人工育雛」という方法で親鳥をサポートしている。

サポートでは、スタッフが親代わりとなりニシン、 オキアミ、 生クリームを流動状にしたものを与え、 ペンギン王国1階で見ることがでいる。

キングペンギンの赤ちゃんについて

■出 生 日:2020年 1月 8日(水)
■産 卵 日:2019年11月13日(水)
■孵化日数:57日
■性  別:不明
■出生体重:204g
■両  親:母親 2014年1月25日 アドベンチャーワールド生まれ
父親 2011年3月20日 アドベンチャーワールド生まれ
■公開場所:ペンギン王国1階

※動物の体調により、 公開時間を変更または休止する場合がございます。
※現在、 この他にも6個の有精卵を確認しており、 順調に成長すると、 今年1月中旬から2月初旬かけて誕生予定です。

キングペンギンの赤ちゃんの成長について

生後約3ヶ月後のキングペンギンの赤ちゃんは、 脂肪を蓄えるために茶色のふわふわとした柔らかい羽毛に覆われ、 親鳥よりも大きく見えるようになります。 柔らかい羽毛は生後約6ヶ月で大人の羽根に生え変わり、 自力で泳ぐことができるようになります。

キングペンギンの大人(成鳥)と赤ちゃん(ヒナ)の羽根の違い

成羽(せいう)(成鳥の羽根)【写真左】
羽根一本が二層になっており、 羽軸の根本にはふわふわの「綿羽(めんう)」、  上部の「羽弁(うべん)」は固く水をはじく構造です。

綿羽(めんう)(ヒナの羽根)【写真右】
体温を保つための役割があります。 ジェンツーペンギンやケープペンギンなどの小さなペンギンに 比べて体が大きいため、 1本1本の羽根が長いという特徴があります。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ