楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

陸路とクルーズを融合―水都・大阪に貢献 大阪バス・西村信義社長に聞く

貸切バスの保有車両が約450台と国内最大の貸切観光バス事業者である大阪バス(大阪府東大阪市)。バス会社、タクシー会社だけでなく、昨年はステーキハウスやクルーズ事業にも参入した。大阪バスの西村信義社長に話を聞いた。

ステーキハウスやクルーズ事業に参入

―昨年、大阪ミナミの心斎橋に黒毛和牛専門のステーキハウス「信」をオープンされましたが、その意図をお教えください。

この2年間、貸切バス事業はほとんど動かない状況下ですが、タクシーは貸切バス事業ほどではありません。苦しい環境下にあると言っても、まだ動いています。タクシーではお客様から、どこか美味しい店を知らないか、と聞かれることも多いので、それなら黒毛和牛を美味しく食べることができるステーキハウスをオープンしよう、と思って始めました。単純な話です。

現在、北海道のススキノや名古屋でもステーキハウスをオープンする準備を進めています。将来的には30店舗ぐらいに増やそうと思っています。あくまでもタクシーに乗っていただくお客様へのサービスの一環として捉えていますので、まったく異業種への参入というようには考えていません。

大阪バス・西村信義社長

昨年進出したステーキハウス事業は
タクシー客へのサービスと西村社長

―大阪市内の4つのエリアで運航する大阪ワンダークルーズもグループ会社になりましたが、クルーズに関しての考えを教えてください。

当社は大阪で俊徳道・近畿大学線、布施・八尾線、東大阪西地区・循環北回り線、八尾志紀線、御堂筋線といった路線バスを走らせています。その中でも御堂筋線は大阪市内の中心部を走っていますから、この路線を大阪市が進める「水都・大阪」に貢献できるものはないかと考えました。それならクルーズを行っている大阪ワンダークルーズと路線バスをうまく組み合わせれば「水都・大阪」をアピールにつながるということで、クルーズ事業に参入することにしました。

大阪ワンダークルーズ

道頓堀を遊覧するクルーズ事業

もちろんタクシーも活用してクルーズへの乗船を図ることも可能ですかから、当社のグループを活用して「水都・大阪」を盛り上げたいですね。

大阪万博の開催やカジノ(IR)の誘致に成功すれば、クルーズと路線バスの有効活用はますます可能になってくると思っています。いずれにしても陸路のバスやタクシーと水路の船を使い「水都・大阪」発展の一翼を担いたいと思います。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ