楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アドベンチャーワールドで17年ぶりにミニチュアホースの赤ちゃんが誕生

20/01/15

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は1月10日、1月5日に17年ぶりにミニチュアホースの赤ちゃんが誕生したと発表した。 赤ちゃんは、 自力で立ち上がり、 母乳を飲み元気に成長しており、 1月10日からホースキャンプにて公開している。新しい仲間との出会いを創出する。

ミニチュアホースの赤ちゃんについて

■出 生  日:2020年1月5日(日)
■性  別:メス
■体  高:53cm     ■体  重:13.0kg (体高、 体重ともに出生時のもの)
■公開場所:ホースキャンプ    ■公開時間:午前10時00分~午前11時00分
(雨天時、 または動物の体調により、 公開時間を変更または休止する場合がある )

ホースキャンプやファミリー広場で暮らす馬について

重種馬 1頭、 乗用馬 11頭、 ポニー 5頭、 ミニチュアホース8頭(今回誕生した赤ちゃんを含む)
※ウマは足から肩までの高さで呼び方が変わる。

ミニチュアホースについて

■分 類    奇蹄目ウマ科
■学 名  Equus caballus ■英 名 Miniature Horse
■生息地    アメリカなど
■食 性      草食性で干し草などを主に食べ、 アドベンチャーワールドではニンジンなども与えている。
■繁 殖      3~4歳で性成熟を迎える。 ウマの妊娠期間は約340日で、 通常は1子を出産する。
■寿 命      20~30年
■特 徴      世界で最も小さな馬の仲間で、 おとなしい性格をしている。
体高86cm 体重80kg~100kg

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ