楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スカーレットを好機に 写真家が滋賀の魅力を紹介

20/02/17

滋賀県は1月31日、東京・日本橋の県アンテナショップ、「ここ滋賀」にメディア関係者を招き、滋賀の魅力を紹介するセミナーを開いた。滋賀県大津市を拠点に10年以上にわたって滋賀の写真を撮り続けているプロの写真家、やまざきよしのりさんが、お勧めのフォトスポットを紹介しながら、滋賀への来訪を呼びかけた。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」人気で、ドラマの舞台、滋賀県・信楽(しがらき)には多くの観光客が訪れている。滋賀県では、国内観光の目的地として信楽が注目されている機会に、首都圏から県内全域に観光客を呼び込みたい考えだ。

やまざきさんは、「滋賀には湖東、湖南、湖西、湖北の4つの文化圏があり、それぞれ特徴が異なります。近江八幡で水郷めぐりができる湖東、長浜市など湖北は今でも観音信仰が盛んです。湖西はアウトドア・アクティティが豊富で、湖南は京都に近く、都会に通勤する人が多く住んでいます」などと、琵琶湖を一周しながら、それぞれの風土を楽しんでほしいと話した。

また、インスタ映えするスポットとして、「信楽のミホミュージアムは、入口のトンネル側から見る桜がすばらしい。高島市のメタセコイヤの並木や、白髭神社の琵琶湖の中に立つ鳥居も人気です」などと紹介した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ