楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

姫路城 19年度入場者は2・6%減の154万8千人、2月以降減少

20/04/07

姫路市は4月3日、世界遺産・姫路城の2019年度(19年4-20年3月)の入場者数が前年比2・6%減、人数で4万1694人少ない154万8071人だったと発表した。

コロナウイルスの感染拡大の影響や、3月からの公開休止により、2月以降の来場者が減った。

ただ、入場者のうち外国人は2・1%増の39万5003人で過去最高を更新した。入場者の4人に1人が外国人だった。

姫路城は3月7日から大天守や建造物の公開を休止しており、4月4日には、休止期間を5月10日までの延長することを発表している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ