楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

業界あげて反転攻勢を

21/02/25

このほど東京ビッグサイトで開かれた全旅連青年部の第25回全国大会の席上、来賓として登壇した全旅連の多田計介会長(石川県和倉温泉・ゆけむりの宿美湾荘)は、Go Toトラベル事業が新型コロナウイルス感染症拡大の要因されていることに関し「反転攻勢を行う時期にきている」と明言した。

多田会長は「Go Toトラベルキャンペーンを6850万人が利用された中で932人しか陽性反応が出ていないにもかかわらず、テレビや新聞などのマスコミ、野党の先生方は、新型コロナウイルスの感染拡大はすべてGo Toトラベルが原因であり、感染拡大を止める足を引っ張ったとたいへん不名誉なレッテルを貼っている」と語気を強め、冒頭の反転攻勢という発言につながったという次第。

ウィズコロナとよく言われるが、本来はその言葉通り、感染を予防しながら日常を過ごすことではないのか。旅館や旅行業、バス会社いずれも、これ以上できないというほど感染予防に取り組んでいる。これをウィズコロナの対応と言えないのであれば、単なる言葉遊びなのかと訝ってしまう。

多田会長の宣言に呼応し、観光業が一つになって反転攻勢を推し進めよう。座していても物事はどうにもならない。動こう。

(トラベルニュースat 21年2月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ