楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ステイホームで思い出投稿キャンペーン/島根・奥出雲

20/04/17

ステイホームの今だから、あなたの「奥出雲の思い出」を教えてください―。島根県の奥出雲観光協会が4月15日から、SNSなどに投稿を呼びかけるキャンペーンを展開している。奥出雲町内でも観光施設の臨時休業や営業自粛が相次ぐ中、地域を元気づけようと始めた。

「奥出雲の思い出教えて」キャンペーンと題し、思い出に残った場所、風景、お気に入りの食べ物、大好きなお店、好きな人など、奥出雲でのエピソードをSNSやハガキ、ファクスなどで投稿を呼びかけるというもの。投稿された思い出は、観光協会のホームページで紹介するほか、奥出雲で使える1000円分の商品券を先着200人にプレゼントする。

応募方法はフェイスブック、インスタグラム、ツイッターの場合、奥出雲町観光協会のアカウントを必ずフォローすることが条件。奥出雲での思い出のエピソードと写真または動画をFBは「@奥出雲町観光協会 #今思えば奥出雲」、インスタは「@okuizumo #今思えば奥出雲」、ツイッターは「@GoOkuizumo #今思えば奥出雲」を付けて投稿する。

LINEは奥出雲町観光協会を友だちに追加し、奥出雲町観光協会のページに奥出雲での思い出を書いた文章と写真または動画を投稿。封書、ハガキ、ファクスの場合は観光協会宛てに文章を送る。写真付きも可。いずれも個人情報を除き、ホームページ奥出雲町公式観光ガイドで紹介する。

投稿は6月15日まで。新型コロナウイルス感染症が終息後に使える商品券を先着で送る。投稿数は無制限だが、商品券のプレゼントは1人1枚。

奥出雲町観光協会の住所は〒699―1511 島根県仁多郡奥出雲町三成641-22。ファクス番号は0854―54―0020。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ