楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夏秋は北近畿へ JR西日本やウィラー、日本旅行らが「近畿のキタだよ」CP

20/06/26

JR西日本やウィラー・トレインズ、日本旅行、京都府、兵庫県は7月1日―10月31日、観光誘客キャンペーン「近畿のキタだよ、北近畿!」を展開する。2017年度から始まり4年目の今期は、コロナ禍を受けて夏スタート。まずは関西圏からアピールし、その後「Go Toトラベルキャンペーン」が始まり全国へ。鉄道、旅行会社、地元がタッグを組んで京都府丹後・中丹、兵庫県但馬の観光の魅力発信に取り組む。

まずは、兵庫県城崎温泉と京都府天橋立という北近畿エリアが誇る2大観光拠点から旅はスタート。特に今年は城崎温泉の開湯1300年と丹後ちりめんの創業300年という大きなトピックもあり、地元ではイベントも多く開かれる。拠点から各市町へ足を延ばし、軍港都市・舞鶴市を体感する「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」や京丹後市で特産の果物を求めての「フルーツトレイル」、香美町で山陰海岸ジオパークを海から感じる「かすみ海上GEO TAXI」などを楽しむのもいい。

天橋立

丹後の観光拠点、日本三景・天橋立

列車の旅も北近畿の魅力。8月22日―9月27日の土日祝日は、城崎温泉と天橋立を乗換えなしで結ぶ臨時快速列車「城崎・天橋立ダイレクト」を運行する。JRと京都丹後鉄道(丹鉄)が連携しての列車で、車両はJRの観光列車「うみやまむすび」。両地での観光、宿泊に便利だ。

「城崎温泉・天橋立片道きっぷ」や「城崎温泉・天橋立おでかけパス」などの企画きっぷも設定。北近畿エリアへ鉄道を使った宿泊旅行をすると、抽選で現金1万円が当たるキャンペーンも実施する。対象となる宿泊の期間は8月1日―10月31日。ほかにも夏の旅行にあわせた企画も展開する予定だという。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ