楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光V字回復は四国から JR四国説明会で4県知事がアピール(2) 観光列車も話題豊富

ワクチン接種後の旅行再開へ向け

JR四国では、コロナ禍でも乗客数が好調だった観光列車について「人の動きが戻ってくる秋に観光列車がより注目されることを期待している」(藤本聡常務取締役)。

このうち、ものがたりシリーズの先駆者「伊予灘ものがたり」(松山−伊予大洲・八幡浜)は現行車両での運転がこのDCがラストラン。昨年7月から高知−窪川間で運行を始めた「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」は10月から期間限定で、高知県東部の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線でも走らせる。琴平などと大歩危を結ぶ「四国まんなか千年ものがたり」は運転日を拡大する。

さらに、新列車も登場する。ユニークな列車が走る予土線では、高知県四万十町の海洋堂ホビー館四万十でウルトラマンの特別展示が開かれるのに合わせ、ウルトラマンシリーズのラッピング列車「ウルトラトレイン号」と、全国で唯一「鬼」の字が入る愛媛県鬼北町にちなんだ「鬼列車」が7月から運行される。

説明会では、JR西日本の室博執行役員鉄道本部営業本部長が「ワクチン接種後は国内旅行が必ず戻る。来年には岡山DCも控え、四国DCと合わせて瀬戸内の魅力を発信していきたい」とエール。

JTBツーリズム事業本部の籠島慎二氏は「お客様の旅行マインドにぴったりな時期のDCに大いに期待している」と話した。

(トラベルニュースat 21年6月10日号)

(前の記事)観光V字回復は四国から JR四国説明会で4県知事がアピール(1) 10月スタートのDCが起爆剤

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ