楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

世界遺産・富岡製糸場の西置繭所 10月3日から一般公開

20/08/25

世界遺産・富岡製糸場(群馬県富岡市)の「西置繭所」が10月3日、グランドオープンする。

西繭置場のギャラリー(資料展示室)

富岡製糸場は「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月に世界遺産に登録された。同年10月には場内施設の繰糸所、東置繭所、西置繭所が国宝に指定され、このうち西置繭所については6年にわたり保存整備工事が行われ、今年5月末に完成した。7月21日からは予約制で先行公開されている。先行公開は9月22日まで。

文化財としての保存と、積極的な活用との両立を目指し、ギャラリー(資料展示室)と、ハウスインハウスの手法を用いた多目的ホールが整備された。10月3、4日の2日間、多目的ホールで記念イベントとして浪曲と演劇が行われる。

ギャラリーには富岡製糸場の創設、製糸場で働き暮らした女性たちの生活、生糸づくりの作業(製糸工程)をビジュアルに分かりやすく展示。115年間の女性従業員の作業着の変遷も見られる。

多目的ホールは壁と天井がガラスの作りで、ガラス越しに国宝建築物を望みながら、イベントが楽しめる。

西置繭所の見どころを紹介するスマートフォンアプリの音声ガイドは、メインガイドを声優の武内駿輔さんが務めている。

富岡製糸場の入場料は大人1000円、高・大学生250円、小中学生150円。ガイドツアーもある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ