楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「雪マジ!19」 162のゲレンデでリフト代が無料、登録受け付けを開始

20/10/20

19歳の1シーズンだけ全国の160以上のゲレンデでリフト代が無料になる「雪マジ!19」(ゆきマジ・ナインティーン)。プロジェクトを運営するじゃらんリサーチセンター(東京都千代田区)は10月20日から「雪マジ!19」の登録受け付けを開始した。

志賀高原スキー場も雪マジ!19

スマートフォンで「マジ☆部」アプリをダウンロード(無料)し、「雪マジ!19」に会員登録をするだけで、19歳だけの特典を利用できる。

ゲレンデを訪れる若年層を増やすことで、スノーアクティビティ市場とスノーエリアを長期的に活性化させようと、じゃらんリサーチセンターが2011年シーズンに開始したプロジェクトで、今シーズンで10年目を迎える。

高校を卒業し、家族スキーから仲間とのスキーに移行する19歳。親の財布から自分の財布に切り替わるギャップシーズンに、リフト代を無料にすることでスノーアクティビティに参加しやすくする。

今年は全国の162のゲレンデが趣旨に賛同しプロジェクトに参加した。行ったことがあるスキー場をざっと並べてもトマム、安比高原、アルツ磐梯、ハンターマウンテン塩原、志賀高原、斑尾高原、池の平温泉にプリンスホテル系のスキー場も入っていて選択肢は十分だ。

20歳を対象にリフト代が最大半額になる「雪マジ!20」の登録も10月20日から始まった。全国81のゲレンデがラインナップされている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ