楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

予祝を意識した1年に

20/01/06

予祝(よしゅく)という言葉がある。「予(あらかじ)め祝う=前もって祝うこと」という意味で、前祝のことをいう。

「予祝のススメ 前祝の法則」(フォレスト出版)という本によれば、予祝とは「未来の姿を先に喜び、祝ってしまうこと」だそうで、我々が春に楽しむお花見とは秋の豊作を先に祝って、皆で祝杯をあげる、いわば幸せを“引き寄せる”祝いの儀式というわけだ。夏の盆踊りも秋の豊作を喜ぶ踊りで、予祝につながる。予祝という言葉は聞きなれない言葉かもしれないが、日本人はこれまで文化として予祝を受入れてきた。事あるごとに我々が「前祝、前祝」といって酒を酌み交わすのも、その一例だろう。

よく業界のあいさつで「観光業界を取り巻く環境は厳しい」といった言葉を枕詞として使うことが多い。これは予祝の定義からすると、自ら明るい未来を否定していることになってしまう。2020年は、常に予祝を意識した言動をとりたい。

一昨年、近畿地方で大きな被害をもたらした台風21号が過ぎ去ったとき、弊社で「観光業界が元気になるシンポジウム」を開いた。多くの参加者から「元気」という言葉に励まされたとの声をいただいたことを思い出す。業界に「元気」をお届けできる1年にしようと、創刊50周年を迎える年初に誓う。

(トラベルニュースat 20年1月1日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ