楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

富山市 30店で顔認証決済を実施中、旅行者に体験呼びかけ

20/10/22

富山市は10月1日から、「顔認証」決済の社会実験を市中心部と北前船の寄港地として日本遺産に認定されている岩瀬地区の飲食店や観光施設30カ所で行っている。2021年3月末まで。

富山市を走る路面電車

より自由に観光や買い物ができる環境づくりとともに、ウィズコロナで接触しないことへのニーズに対応する。

スマートフォンから専用サイトで顔とクレジットカード情報を登録すると、各施設での支払いが設置されたタブレット端末に顔を向けるだけで完了する。レジで現金やクレジットカードを出すことも、スマートフォンをかざす必要がない。

これまでに顔認証登録した人は200人ほどにとどまっていて、利用者の拡大が課題になっている。

市では「初めての体験で面白かったとか、たくさんの買物で両手がふさがっている時に、顔を向けるだけで支払いができてよかったなど、体験いただいた方には概ね好評です。多くの人に顔認証技術による決済システムの利便性を体感してもらいたい」と話し、Go Toトラベルなどで富山市を訪れる観光客にに利用を呼びかけている。

実証実験では顔認証決済の観光動向に及ぼす影響についても検証することにしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ