楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パンダが暮らすまち白浜から発信する「竹」の可能性 12月19日から「パンダバンブーEXPO」/和歌山

20/11/25

パンダが好む「竹」から持続可能な社会づくりを考える―。そんな試みがパンダが暮らすまち、和歌山県白浜町で開かれる。12月19日―2021年1月17日、「南紀白浜パンダバンブーEXPO」と題して、シンポジウムや観光スポットでのアートイベントを開催。「竹」の可能性を考え、観光も楽しむ。白浜から新しい価値観を発信する。

同町ではアドベンチャーワールドにジャイアントパンダ6頭が暮らすが、パンダが食べない竹幹は年間約100トンにもおよぶということから着想点を得た企画。竹資源の有効活用を考えることで循環型社会のモデルケース、持続可能なまちづくりへとつなげていく。

パンダバンブーEXPO

12月19、20日の「パンダバンブーシンポジウム」はアドベンチャーワールド内ふれあいの里で開催。竹の研究者や建築家、アーティストが集い、竹の持つ可能性や価値、未来について講演する。ライブ配信することで世界へも発信する。

「パンダバンブーアートフェス」はEXPO期間中、白良浜や三段壁、千畳敷、アドベンチャーワールドといった観光スポット、町役場やJR白浜駅、南紀白浜空港などにアーティストによる竹のアート作品を展示、周遊を促す。一部は「竹あかり」として夜間にあかりを灯す。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ