楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

レジェンドを目指せ! 「九州八十八湯めぐり」10周年で新称号

20/12/07

一般社団法人九州観光推進機構(石原進会長)は「九州八十八湯めぐり」が10周年を迎えたことから、88の湯めぐりを10回達成した人を対象に「レジェンド」の称号を贈るほか、手ぬぐいなど記念グッズを販売するなど10周年記念企画を展開している。

九州八十八湯めぐりは2010年11月26日(イイフロの日)にスタート。九州7県の温泉の中から「ホンモノ」にこだわって選定した温泉をめぐり、88の温泉を制覇して「泉人」の称号獲得を目指すというもの。御湯印帳(スタンプ帳)を購入し、集めたスタンプの数に応じて「見習い」「初段」など11段階の温泉道の修行度が認定される。そのうち88すべてスタンプを集めた「泉人」は、今年10月までに延べ2241人が達成している。なかには35回も全制覇した人もいるという。

10周年企画は「ありがとう10周年。これからも10周年。」をテーマに、JR九州の協力を得て実施。温泉施設からのメッセージ動画の配信や、泉人10回の達成を目指す「レジェンドへの道」などを行う。レジェンドは先着5人で、温泉チャンピオンの郡司勇・名人らで構成される九州温泉道選定委員会による認定式、レジェンド版の10周年記念Tシャツを贈呈。そのうち1人は選定委員会への参加も認められる。

88湯ポスター

九州八十八湯めぐり10周年のポスター

また、21年3月末までは、認定段位11のうち「入門」から「初段」までの段位認定料を各段先着1千人に限って通常1千円を500円にする。加えて21年10月末まで、10周年記念手ぬぐいをはじめ、泉人認定者を対象にしたオリジナルTシャツや専用風呂桶を販売する。

御湯印帳は、参画温泉施設のほかJR九州主要駅で販売している。

九州八十八湯めぐり10周年記念のURLは、https://www.88onsen.com/10th/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ