楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

田川博己会長が語る日本観光の今後 山陰インバウンド機構、4月21日にオンラインセミナー「観光地経営の視点と実践」

21/04/13

山陰インバウンド機構は4月21日、オンラインセミナー「観光地経営の視点と実践―山陰DMOが描く未来とは―ニューノーマル時代におけるツーリズム産業の役割」を開く。同機構の田川博己会長(JTB相談役)がウィズ・アフターコロナの日本の観光のあり方について語る。

田川会長の講演では、ウィズ・アフターコロナでのインバウンド戦略、ニューノーマル時代の観光まちづくりでのDMOの役割など多角度から日本の観光の今後に迫る。
また、田川会長と同機構の福井善朗代表理事の対談も。ニューノーマル時代のツーリズム産業の役割の検証や地域観光における今後のインバウンドへの方策について意見を交わす。

時間は13時30分―14時30分。ZOOMウェビナー機能を使って実施する。参加は無料。定員は500人。

視聴は同機構HP(https://www.sanin-tourism.com/)から。

山陰インバウンド機構

山陰インバウンド機構HP

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ