楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

近代化遺産の一斉公開やガイドツアーの集中開催、10-11月に全国で

21/09/27

都道府県などが加盟する全国近代化遺産活用連絡協議会(会長・多々見良三舞鶴市長)は10月1-11月30日、全国の140カ所の近代化遺産の一斉公開や施設のガイドツアー、フォーラムなどを集中的に行う「日本の近代化遺産 自然の力と美を引き出す技」(https://www.zenkin.jp/category/news)を開催する。

文化庁などが主催する「日本博」の一環として実施するプロジェクトで、山口県下関市と東京・丸の内では「近代化遺産フォーラム2021」を開き、日本における近代化遺産の歴史や魅力を知ってもらう。

このうち東京・丸の内では10月14-17日に、複合商業施設KITTE地下1階でパネル展示やトークショーを行う。また、全国10市町で特別公開やガイドツアーなどの関連イベントを行う。

近代化遺産は幕末から第2次世界大戦期までの間に、西洋の技術を取り入れて建設されたダムや駅舎、橋梁、鉱山施設、港湾施設、住宅など。特に価値が認められた「富岡製糸場と絹産業遺産群」や軍艦島など「明治日本の産業革命遺産」は世界遺産に登録されている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ