楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「おうちでFish-1グランプリ」 消費量減少の国産水産物を盛り上げ

21/10/27

国産水産物の販路拡大、販売促進を図ろうと全国漁業協同組合連合会(全漁連)などは11月1-30日、第2回「おうちでFish-1グランプリ」をオンラインで開催する。

旅行や外食の減少は国産水産物にも大きな打撃

従来、東京の日比谷公園などに会場を設営し、来場者に出品料理や商品を食べて投票してもらっていたイベントをオンライン形式に変更し今年1-2月にかけて実施したのに続いて2回目の開催となる。

今回の「おうちでFish-1グランプリ」には「丼、炊き込みご飯」部門に10商品、「おかず・おつまみ」部門に5商品がエントリーし、全漁連が運営する産直通販サイト「ギョギョいち」(https://jf-gyogyo.jp/)に11月1日以降コーナーを開設し、1商品あたり2人前で1セット800-1800円の商品を、最大500セット程度、合計7500セットの販売を目指し、購入者の投票でグランプリ、準グランプリを各部門1点ずつ選出する。

第1回目「おうちでFish-1グランプリ」では「庄内浜産おさしみ鮭とイクラ漬け丼」「宇和島鯛めし丼」などが人気を集めた。

コロナ禍によるインバウンド需要や輸出の減少、飲食業の休業や時短、宿泊業の利用者減少は、産地在庫の滞留や魚価の下落など国産水産物市場にも大きな影響を与えている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ