楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

長野・上高地 通行止め解除でGW後半へ、散策路も通常通り

22/05/02

長野県松本市の山岳高原観光地・上高地。4月27日に大雨による土砂崩れで「上高地公園線」が一時不通になったものの、4月29日には通行が再開されている。

上高地と言えば、大正池、河童橋、明神池へとハイキングが楽しい。大雨の影響が気になって上高地ビジターセンターに上高地の様子を聞いてみた。

数年前のGWの様子

散策路は大正池から田代池、河童橋、明神エリアまで、立ち入り禁止はなくすべて開放されている。梓川の左岸も、ゴールデンウィークの時期までは積雪で通行止めになることもある梓川の右岸の散策路も利用できる。

今朝、河童橋から見た梓川は青く清流で、いつもの上高地の様子だったそうだ。ただ、「今ちょうど雪が降っています」と山岳観光地ならではの天気を紹介してくれた。

宿泊キャンセルなどについて上高地観光旅館組合の青柳浩一郎組合長(上高地温泉ホテル)は、「多少はありましたが通行止め解除以降、ゴールデンウィーク期間の新たな予約も入ってきて安心しました。これから新緑の季節ですが、寒い日もあります。服装などに気をつけて、多くのお客さまにお越しいただきたいですね」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ