楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

台湾観光局 新CMは川口春奈さんが「ビビビビ!台湾!さあ、好奇心の旅へ。」

23/06/27

台湾観光局は俳優の川口春奈さんを起用した台湾観光プロモーションを開始した。6月23日には東京・日本橋のイベントホールに川口さんが登壇し、プロモーションビデオ撮影の感想や、台湾の旅の魅力について話した。

川口春奈さん

観光プロモーションビデオは、「ビビビビ!台湾!さあ、好奇心の旅へ。」川口さんが実際に仲の良い友人である俳優の岡本あずささんと、台湾を5日間旅し、台北の軍艦岩や台中の后豊サイクリングコース、高雄の駁二芸術センターなど、台北、台中、高雄で、2人が自然体で旅を楽しむ様子が映されている。

川口さんは「台湾は女子旅にぴったりの場所。撮影でしたが友人と現地の空気を一緒に吸えるのがとても気持ちよかった。軍艦岩登りは達成感があり、2人乗りの自転車で走ったときは爽快感でテンションがあがりました。皆さんにも台湾を楽しんでビビビビな体験をしてほしい」とアピールしていた。

台湾観光局東京事務所の鄭憶萍所長は、「今年1-4月までの、日本から台湾への旅行客は18万8189人に達し、日本は第3位の訪台旅行市場となっています。プロモーションビデオをテレビCM、屋外電子看板、ソーシャルメディア、駅広告など、全国の様々なチャネルで積極的に発信していきます。日本の旅行客に、台湾の新しい魅力を感じていただき、コロナ前の訪台人数水準まで、可能な限り早く回復し、台湾観光客600万人という目標を達成したいと考えております」と述べた。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ