楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

マザー牧場 サマーナイトファームで営業時間を延長

23/07/29

マザー牧場(千葉県富津市)は7月29-8月27 日の土日祝日とお盆期間の夜間営業を延長する。「サマーナイトファーム」として、閉園を通常の17 時から20時30分に繰り下げる。

19時30分から15分間花火を打ち上げるほか、「ひつじの夕焼け大行進」を実施する。

サマーナイトファームの16時以降の入場料は大人800円、子ども400円。同伴犬は無料。今年は浴衣で来場すると入場料金の割引やドリンクバーが無料になる「浴衣割」を設けた。

マザー牧場では羊や牛、馬、ヤギ、豚などの家畜のほかアルパカやカピバラ、うさぎ、モルモットなど小動物を見たり触れ合ったりできる。

乳牛の手しぼりや動物のエサやりのほか、約200頭の「羊の大行進」、世界中の19種類の羊たちのシープショー、トラクタートレインに乗っていくマザーファームツアーDXなどが楽しめる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ