楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

レストラン嵐山、新スタイルのビュッフェ提案 ワゴンサービスで密を回避/京都

20/10/16

京都・嵐山のレストラン嵐山では「ワゴンサービス付きビュッフェ」を10月1日から始めた。これまで団体ツアーなどで好評だった食べ放題・ビュッフェをコロナ禍での三密防止の対応策として打ち出した。密を避けながら料理を“好きなものを好きなだけ”味わえるサービスとし、コロナ禍で敬遠されるケースが目立つビュッフェ料理の新しいスタイルを提案している。

サービス開始前の9月25日には、観光関係者を招いて「新しい生活様式対応ビュッフェ・秋の味覚松茸と京のおばんざい・秋果のデザートフェア」と題して試食会を開催会場のビュッフェ台には松茸と秋野菜のミニ蒸籠や松茸のかき揚げなど14品、オープンキッチンには松茸ごはんや松茸のお吸い物など5品を用意。参加者は手の消毒と手袋をつけて自身で料理を取り分け、旬の料理を味わった。

また、スタッフがにしんと茄子のたいたん、小松菜ときのこのおしたし、一口揚げ豆腐の生姜醤油和え、千切り大根のたいたんなど4品を「京のおばんざいワゴン」として持ち回り、参加者に取り分けた。「特別ワゴン」の戻りカツオのタタキ、「秋果デザートワゴン」の生八つ橋(夕子)の天ぷら、嵐山ラスクのデザートブルスケッタも参加者に好評だった。

レストラン嵐山

試食会でワゴンサービスを行う
レストラン嵐山のスタッフ

執行役員専務の田村真一さんは「本日は旅行会社の企画担当者の皆様に実際に目で見て食べることで『安心安全』を確認していただきました。密にならないように万全の体制でお客様をお迎えしますので、ご送客をお願いいたします」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ