楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

12月9ー10日、大阪城公園に「かまくら」出現/秋田・横手の雪まつり

23/11/28

秋田県横手市は12月9―10日の2日間、大阪市中央区で「横手の雪まつりin大阪城公園2023」を開く。横手名物のかまくらを2基設営するほか、雪のすべり台や雪遊びができるコーナーを設置。横手やきそばや稲庭うどん、きりたんぽなど横手のグルメも集結し、家族連れに横手市の魅力をアピールする。

かまくら

大阪城公園に設けられるかまくら(22年横手の雪まつりで)

会場は大阪城公園の「太陽の広場」。大阪城天守閣を望み設営されるかまくらは、地元のかまくら職人が作る本格的なもの。中に入ることができ記念撮影もできる。雪のふれあい広場は、ソリで滑り降りる雪のすべり台、ミニかまくらづくり、降雪体験など雪が珍しい大阪の子どもたちが思いっきり雪遊びを楽しめるエリア。グルメコーナーには、いものこ汁や甘酒、十文字の中華そばといった温かい横手の味もそろう。

また、大阪・関西万博のブースも設けられ、9日には公式キャラクター「ミャクミャク」が登場。同じ秋田県の男鹿市からは、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「なまはげ」も登場し、11時30分・14時30分・16時になまはげ太鼓の応援演舞を行う(16時は9日のみ)。そのほか会場では、プレゼント抽選会もある。

両日とも10-18時の開催。初めて開催した昨年も同時期に行われ、2日間とも家族連れを中心に多くの来場者で賑わった。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ