楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「聖地リゾート」の魅力をアピール 和歌山県やJR西日本ら、7―9月に観光キャンペーン

24/05/22

和歌山県と県内市町村、観光事業者らとJR西日本、日本旅行は7―9月、観光キャンペーン「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」を展開する。7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録20周年を迎えることから実施するもので、県内全域を舞台に温泉や食、アウトドア・サイクリングなど県が誇る観光の魅力を多彩な企画で提案。「聖地」和歌山の実力を伝えていく。

期間中は、熊野本宮大社の御垣内参拝や大斎原大鳥居ライトアップ、那智山ナイトウォーク&ランタン祭りといった世界遺産登録20周年記念企画が充実。熊野速玉大社や熊野那智大社、和歌山県立博物館での特別展にも注目だ。那智勝浦町でぼマグロ競りガイドツアーなど旅行会社販売限定企画も充実させる。

期間中に運行する観光列車は、「WEST EXPRESS銀河」が紀南コースを運行。「パンダくろしお」の団体臨時列車も7月6―7日に催行する。JR線自由周遊と県内の交通機関や観光施設の入場券をセットした「ICOCAでGO 和歌山満喫わくわくパス」などの特別商品も発売する。

そのほか、旅行会社限定商品としてレンタカープラン、JRと宿がセットになった旅行プランを主要旅行会社で販売。駅やサイトでの情報発信も積極的に展開していく。

7月6日にはパンダくろしお団体臨時列車の出発式でオープニングセレモニーを開催。新大阪駅で6月8、9日には大阪駅アトリウム広場でPRイベントを開く。

聖地リゾート! 和歌山

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ